ヘリコプター操縦士になるまで

ヘリコプターのパイロットは単純にカッコイイですよね。空を自由に飛べる仕事は他の仕事では味わえないやりがいのある仕事で、操縦士に憧れて免許の取得を目指す男性も女性も多いです。さて、ヘリコプターの操縦士になるためにはどのような流れで勉強をしていく必要があるのかについて見ていきましょう。

まず、ヘリコプターの操縦士、免許には自家用と事業用の2種類があります。自家用は自分で操縦するだけで事業目的のフライトはできない免許、一方で事業用は航空会社などにてお客さんを乗せて料金をもらうための免許であると覚えておきましょう。つまり操縦士として仕事をしたいのであれば事業用操縦士免許を取得しなければなりません。事業用操縦士免許は自家用操縦士免許を取得している人が対象となりますので、最初は誰もが自家用操縦士免許の取得から始めるという流れになります。自家用操縦士免許、事業用操縦士免許を共に取得してやっと操縦士の資格が与えられるのです。

プロパイロットを目指す方は、事業用操縦士免許も取得します。
事業用学科試験(5科目)に合格すれば
事業用実地試験の申請ができます。
航空無線通信士の無線資格も取っておきます。

次にどこで勉強をすれば良いか、という話についてですが、これについては自動車学校へ通うようなものだと考えてください。航空学校や操縦士養成学校へと入学して、規定の勉強、そして実技訓練を行うことになります。学校を卒業してからは国家試験を突破する必要があり、ようやく免許取得に至ります。

当サイトでは、ヘリコプター操縦士になるために必要となる学校への進学と国家試験、そして就職活動と活躍の場についてご紹介していきます。一連の流れを頭に入れて夢を目標へと変えていってください。