ライセンス取得後は就職活動

狭き門、国家試験を突破した後には、就職活動が待っています。就職活動とは言っても事業用回転翼操縦士のようにかなり特殊な資格は需要も高く、供給が少ないという希少価値の高い人材ですので安心してください。活躍できる会社としては、やはり王道は航空会社や官公庁になります。航空会社での仕事内容は、遊覧飛行やチャーター飛行、測量飛行や報道取材など、幅広いですね。

官公庁に就職した場合には、警察、消防、海上保安庁、自衛隊の航空要員として活動をしていくことになります。こちらも一般公募されていますので、応募をして採用試験を受ける必要がありますね。近年では医療サービス「ドクターヘリ」も登場しており、ドクターヘリのパイロットが一般公募されていることもあります。

ヘリコプターのパイロットは収入も高い点も魅力ですね。少ない場合でも年収が600万円から700万円、平均すると大体1000万円前後、高い場合だと1500万円を超えることもあります。パイロットに必要となる技能、ライセンスは、それだけ特殊なものであり、必要とされている仕事と言うことができますね。高い志を持った人だけがなれる、そんな夢の仕事がヘリコプターのパイロットなのです。